???







週刊RockBottom 放浪の酒呑み人(さけのみびと)ロドリゴが運営する無責任超私的Rockぶろぐ。基本的には、週に一度くらいしかUPしないが、興がのれば随時書き込み。※ビデオリンク増設して再編しました。
"To Be A Rock, A Natural"


S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SEARCH

本日のBGM

  • 今日管理人が聴いていたアルバム。        そのうち、記事にするかもしんない。

中古CDを探すなら・・・

  •  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

ARCHIVES

CATEGORIES

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SPONSORED LINKS

OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
RECOMMEND
<< フィジカル・グラフィティ〜ZEP | main | まだやってんの??アイアンバタフライ >>

スポンサーサイト

2007.04.08 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

ジミ・ヘンドリックス〜アー・ユー・エクスペリエンスト?

2006.06.09 Friday 12:46

長らくお休みさせていただきました。
こんなオイラでも悩むことくらいある。

誰のためでもない、自分のためのブログであるはずの物が、
いつしか、無神経な、あるいは親切な、他人の干渉によって
目指すものが作れなくなるというのは、初めてのことだった。

で、しばらく考えた。
そして、思い出した。
オイラは娯楽だけでRockを聴いてんじゃねー。
Rockはオイラの生きがいであり、生き様の証明のようなものである、と。
音楽がRockなわけじゃねー、生き方がRockなのだと。
オイラは、その"生き様"を"向かう方向"を、危うく見誤るとこだった。
その意味で、出したくなかったが、ジミ・ヘンを掲げる。
これを出したのは、オイラの意志表示だ。

これからは、誰がなんと言おうと、オイラの好きなものだけを
勝手に書かせてもらう。誰の意見も、提案も、説教も、
オイラのこの世界の中では無意味だ。
アー・ユー・エクスペリエンスト?
アー・ユー・エクスペリエンスト?
一応、内容は、続きに記しておいた。
聴けばわかる。
説明の必要などない。
だが、彼の凄さは、実際に映像を見るまでわからなかった
大体が、当時中学生のギター初心者になどわかるわけがないのだ。
テクニックは今となっては大した問題じゃない。
センスだ!魂だ!グルーブなのだ!
それが誰にも真似できないのだ。

実際に見て確かめてほしい↓

ライヴ・アット・ザ・フィルモア・イースト
Limited Edition

バンド・オブ・ジプシーズのライヴ映像7曲+証言インタビュー収録。
しかもCD版『ライヴ・アット・ザ・フィルモア・イースト』には収録
されていない「ファイア」「フォクシー・レディ」のライヴ映像を
追加収録。販売元: ユニバーサルインターナショナル
DVD発売日: 2006/6/7

このCDについて
●エクスペリエンス、衝撃のデビュー・アルバム!
1. フォクシー・レディ
2. マニック・デプレッション
3. レッド・ハウス
4. キャン・ユー・シー・ミー
5. ラヴ・オア・コンフュージョン
6. アイ・ドント・リヴ・トゥデイ
7. メイ・ディス・ビー・ラヴ
8. ファイア
9. サード・ストーン・フロム・ザ・サン
10. リメンバー
11. アー・ユー・エクスペリエンスト?
12. ヘイ・ジョー
13. ストーン・フリー
14. パープル・ヘイズ
15. フィフティ・ファースト・アニヴァーサリー
16. ジ・ウィンド・クライズ・メアリー
17. ハイウェイ・チャイル

本作はチャス・チャンドラーのプロデュースのもとイギリスで
当初発売されたオリジナル・アルバム(1~11)にそれ以前のシングル
3枚のAB面6曲(12~17)を収録。(オリジナル盤:1967年作品)

【アーティストについて】
1942年11月27日、米ワシントン州シアトル生まれ。
本名はジェームズ・マーシャル・ヘンドリックス。
1966年、ニューヨークでキース・リチャーズ(ローリング・ストーンズ)
の恋人リンダ・キースと知り合い 、当時アニマルズのベーシストだった
チャス・チャンドラーに紹介された。
1966年9月、 その才能に惚れ込んだチャスに連れられてロンドンへ。
ノエル・レディング(ベース)、 ミッチ・ミッチェル(ドラム)とのトリオ
「ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス」結成。
1966年12月にシングル「ヘイ・ジョー」でデビュー(最高位全英6位)。
ライヴの評判とともにたちまちスターへの道を歩み始める。
『アー・ユー・エクスペリエンスト ?』(67年5月)
『アクシス:ボールド・アズ・ラヴ』(67年11月)
『エレクトリック・レディランド』(68年10月)の3作をリリース。
1969年8月の『ウッドストック・フェスティヴァル』 でヘッドライナー
を務め、「星条旗よ永遠なれ」の伝説的なライヴを残した。
1970年6月、 ライヴ・アルバム『バンド・オブ・ジプシーズ』を
キャピトルから発売(全米5位記録)。
1970年8月末、 4枚目のアルバムのレコーディングを終え、
トラックダウンを開始する前にヨーロッパへ。
ワイト島フェスティヴァル(8月30日)、ラヴ&ピース・フェスティヴァル
(9月6日)に出演した直後の9月18日、 ロンドンのサマルカンド・ホテルで
昏睡状態に陥り急死。 享年27才。

--------------------------------------------------------------------------------
【ジミ・ヘンドリックス ショート・バイオグラフィー】

1942年 11月27日アル・ヘンドリックスとルシール・ジェターの子として
アメリカ・ワシントン州シアトルに生まれる。
1959年 夏父アルからギターをプレゼントされ、本格的にバンド活動
をスタート。
1959年 10月ハイ・スクール中退
1961年 陸軍に入隊。第101空輸師団パラシュート部隊に配属される。
ここで後に一緒に活動するビリー・コックスと出会う。
1963年~65年 アイズレー・ブラザーズ、サム・クック、リトル・リチャード、カーティス・ナイトなどのレコーディングやツアーのメンバーとして活動。
1966年 9月ニューヨークでアニマルズのべーシスト、チャス・チャンドラー
と知り合いジミのマネージャー となる。
そして彼の提案でロンドンへ渡る。
1966年 10月ノエル・レディング(B)ミッチ・ミッチェル(Ds)とともに
ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスぺリエンスを結成。
1967年 4月デビュー・アルバム「アー・ユー・エクスぺリエンスト?」
を発表。
1967年 11月2nd「アクシス・ボールド・アズ・ラヴ」発表。
1968年 9月3rd「エレクトリック・レディランド」発表。
1969年 契約問題のトラブルから、新バンド、バンド・オブ・ジプシーズ
を結成。ビリー・コックス(B)、バディ・マイルス(Ds)がメンバー。
1969年 12月ライヴ・アルバム「バンド・オブ・ジプシーズ」制作のため
ニューヨーク/フィルモア・イーストにてニュー・イヤーズ・コンサートを
行う。
1970年 「バンド・オブ・ジプシーズ」発表。
1970年 バディ・マイルスにかわってミッチ・ミッチェルが(Ds)として
バンドに復帰。
1970年 3月4作目の2枚組アルバム「ファースト・レイズ・オブ・ザ
・ライジング・サン」のレコーディング終了。
1970年 9月18日4作目の最終トラック・ダウンを目前にして、
ドラッグのオーヴァードーズで急死。27歳。



| ロドリゴ | Rock魂 | comments(4) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

2007.04.08 Sunday 12:46

| スポンサードリンク | - | - | - |

Comment

donald (2006/06/09 9:40 PM)

復活おめでとーございまーす。
キープ・オン・ロッキンで行きましょう。

Tommy (2006/06/10 10:18 AM)

失恋じゃなかったんだ…なーんだ!(笑)

ジミヘンは、殺されたと主人が言ってますけど?
主人は、DVDにかぶりつくくらい好きなんですよ〜。
これは、神がかりだって。

私の中では、ジャニスと、かぶります…。
早すぎる死でしたね…。

マイペースですよ!音楽聴くのも、生きるのも…。

ロドリゴ (2006/06/10 10:24 AM)

donaldさま☆
復活というか・・・、ちょっと入院してた程度なんすけどね。
あ、別に本当に入院していたわけじゃないんだけど・・・。

Tommyさま☆
全然関係ないけど、先日WhoのTommyを見てました。
今見ても「怖い」映画でした。

Tommy (2006/06/10 9:15 PM)

ケン・ラッセルは、ある意味お馬鹿です!(爆)

だって、あの、Rick Wakeman様を「ションベンロボット」
にして、登場させちゃうんだよ〜>Tommy!!










Trackback

url: http://rockme-baby.jugem.jp/trackback/14
<<new | top | old>>