???







週刊RockBottom 放浪の酒呑み人(さけのみびと)ロドリゴが運営する無責任超私的Rockぶろぐ。基本的には、週に一度くらいしかUPしないが、興がのれば随時書き込み。※ビデオリンク増設して再編しました。
"To Be A Rock, A Natural"


S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SEARCH

本日のBGM

  • 今日管理人が聴いていたアルバム。        そのうち、記事にするかもしんない。

中古CDを探すなら・・・

  •  
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

ARCHIVES

CATEGORIES

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SPONSORED LINKS

OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
RECOMMEND

スポンサーサイト

2007.04.08 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

フォーカス〜祝ヤン・アッカーマン来日

2006.09.08 Friday 01:39

悪魔の呪文ですよ、なんといったってね。
なんでこんな記事書いたかって言うと、今日たまたま見ていたですよ、ぴあ誌を。
そしたらあんた、なんとご近所の今池ボトムラインにアッカーマンさまがくるですよね。
いや〜たまげちゃいました。
アッカーマンとフォーカスについては、久我 潔さんのまとめる
こちらのHPを見てね。あらためて僕が説明するのも馬鹿馬鹿しく
なるほどきれ〜いにまとまってます。

ヤン・アッカーマン来日公演日程
11月27日(月) 大阪・BIG CAT
11月28日(火) 名古屋・Bottom Line
11月29日(水) 東京・STB139
11月30日(木) 東京・STB139
料金:大阪・名古屋 前売¥7,500 当日¥8,000/東京 ¥8,500(いずれも税込)
問:&FOREST MUSIC

久我さん曰く、殿堂入りのアルバム。
ハンバーガー・コンチェルト (紙ジャケット仕様)
ハンバーガー・コンチェルト (紙ジャケット仕様)
・・・ちなみに図書館で借りた。

| ロドリゴ | プログレ | comments(4) | trackbacks(1) |

ついに出たよ!吾妻光良Newアルバム

2006.09.06 Wednesday 01:09

ジャンプっていうジャンルわかるかしらん?
スイングでもジャイブでもなくって、近いセンで行くと、
先日書いた”ブライアン・セッツァー”あたりの音楽。
ブルースでもなく、ロックと言うにはちょっと違う、
かと言ってJAZZでもない。
そんなジャンルでは日本屈指の人、ギタリスト吾妻光良が率いる
ザ・スウィンギング・バッパーズのNewアルバム
"Seven&Bi-decade"

待ちに待った一枚である。
先日の名古屋・今池トクゾーでのライブも記憶に新しい。
やっぱりライブで聴きたいところだけど、新曲もいい。
で、この盤にはライブも少し入っている。
ウレシー!!


Seven&Bi-decade
Seven&Bi-decade
ま、聴いてみてください。
惚れる。

というかですね、気がついてみたら、随分とほったらかしてて、
週間というか「月間RockBottom」に変更した方がいいかも・・・。

| ロドリゴ | Rock魂 | comments(0) | trackbacks(0) |

来日するのねピアノマン〜B.ジョエル

2006.08.20 Sunday 10:40

来日するんだってね?

来日公演情報はコチラ↑クリックね。
だけど、なんだってそんなにデップリとガッチリとしちゃったかね?
ピアノマンというよりビア樽マンだじょ!
バイクマニアの彼だけど、大型バイクが似合う体型なのは認めるよ。
ピアノ・マン
ピアノ・マン
しかし、才能は別だ。
歌はうまいし、いい曲書くで。
このアルバムは、彼がようやく陽の目を見た作品。
それまでもいい作品を出しているが、この作品が売れたのには
それだけの価値が確かにあったからだ。
言うまでもなく"ピアノマン"は最高だが、そこに至る伏線(導火線というか)
A一曲目がまたいいのだ。
ただいい作品を並べたのではなく、珠玉の秀曲の数々がそれぞれに絡み合い、
一枚のアルバムとして完成されているのだ。

続きを読む >>

| ロドリゴ | ソングライター | comments(2) | trackbacks(0) |

もうすぐ命日〜エルビス・ブレスリー

2006.07.24 Monday 11:36

夏になると、オイラは決まってエルヴィスを聴く。
大してコレクションがあるわけでもないし、熱狂的なファンですらない。
ただ、彼のロックだけでなくポピュラー音楽全般に与えた偉大な功績と、
彼の魂を揺さぶる歌声にただ心をゆだねたくなる。
それが、オイラの夏の行事のひとつ。
所謂「儀式」だ。

以下、エルヴィス日本ファンクラブさまより拝借した記事。

1977年8月16日 午前0時28分。
エルヴィスは自分で車を運転してグレースランドに帰って来た。
午前4時30分、ジンジャー、ビリーとジョー・スミス(Jo Smith)夫妻と
メイン・ハウス裏手のラケットポール・コートでラケットポールに興じた。午前6時30分頃切り上げたエルヴィスは、ラケットボール・コート内にある
ピアノの前に座り、最後の曲'2曲をヒアノを弾きながら静かに歌った。
「アノチェインドメロディ」と「雨の別離」である。
歌い終わると、ジンジャーを伴って2階の痕室に引き上げた。
午前8時から9時頃、なかなか寝付かれないエルヴィスは本を携えて、
寝室に隣接するバスルームに入って行った。
午後2時過ぎ、ジンジャー・オールデンはふと目を覚まし、
まだベッドに戻っていないエルヴィスを捜しに部屋を出た。
バスルームの前に行きエルヴィスの名を呼んだが返事がないので
ドアを開けて中に入ったところ、青いバジャマを着たエルヴィスは
赤い力一ペットの上にうつ伏せに倒れていた。
ジンジャーはすぐに邸内電話でボディガードに連絡、階下からかけつけた
ジョー・エスポジートが人口呼吸で蘇生を試みたが効果はなかった。
午後2時33分、メンフィス消防署の救急隊から救急車出動。
救急車の中でも必死の人工呼吸が試みられ、エルヴィスはバプティスト
メモりアル病院に到着。
救急専門医チ一ムによる懸命な蘇生努力にも、かかわらず、
午後3時30分、エルヴィス・アーロン・プレスリーの死亡が宣告される。
享年42歳7ヵ月8日。
全米のラジオ・テレビはエルヴィスの急死をトップ・ニュースの扱い、
メンフィス市の電話局は全米からの間い合わせでパンク寸前となる。
正式な死因は「心臓の不整脈による心臓発作」'と発表される。

米国大統領ジミー・カーターが次のよう声明を8月17日に発表した。
「エルヴィス・プレスリーの死によってわが国は自らの一部を失った。
彼はユニークでかけがえのない存在だった。
20年以上前彼が登場し米国民に与えたインパクトは
前例のないものであったし、今後もそれに匹敵する人物は現れないだろう。彼の音楽と人柄は、白人のカントリー音楽と黒人のりズム&プルースを
調和させることによって、米国の大衆文化を永遠に変容させた。
彼の後を継ぐ者は多く、彼は世界中の人々にとって米国の活力、
反逆精神、明るい気質の象徴であった」

大統領が弔意を示す声明を出すなんて、日本じゃ美空ひばりくらいなもんやで。
ビートルズをはじめとして、影響を受けたミュージシャンは数知れず。
偉大なる巨人です。


たぶん、オイラくらいなレベルでは、これ↑一枚でバッチグー!(←古っ!)
エルヴィスは、なんたって動いてなきゃダメって方は、こちら↓の画像で。
エルヴィス・メドレーをどうぞ。

| ロドリゴ | カッコイイヤツら! | comments(2) | trackbacks(1) |

シド・バレット訃報

2006.07.16 Sunday 08:18

各方面で取りざたされているが、あらためて冥福を祈る。

2006年7月13日
元ピンク・フロイドのシド・バレット、死去

ピンク・フロイドの結成メンバーであり、ソロ・アーティストとしても『帽子は笑う…不気味に』『その名はバレット』という傑作を発表していたシド・バレット(Syd Barrett)が7月7日、自宅にて死去した。享年60歳。死因は糖尿病に起因する合併症と言われている。

シド・バレットは、画家を目指し美術学校に在籍中に、旧友のロジャー・ウォーターズと彼の建築学校の同級生であったリチャード・ライト、ニック・メイスンとともにピンク・フロイドを結成。1967年に発表された1stアルバム『夜明けの口笛吹き』は、後のフロイドのアルバムとは異なり、ポップなサイケデリック・ロックの極彩色絵巻。その世界観はまさにバレットの心象風景そのもので、彼が当時、バンドの中心人物であり、バンドをひっぱっていたのは明らか。

翌年の1968年にデヴィッド・ギルモアが加入、『神秘』を発表するも、シド・バレットは精神崩壊でほぼ解雇という状態で脱退。ロジャー・ウォーターズはそのことをいつまでも気にかけ、バレットをテーマに「あなたがここにいてほしい」や「クレイジー・ダイアモンド」(共に『炎〜あなたがここにいてほしい』収録)、『ザ・ウォール』などの名作を創り上げます。また昨年行なわれた“Live 8”での再結成ライヴ(全盛期メンバー4人で!)でも、シド・バレットに捧げる、として「あなたが〜」を演奏。何年もの間、その行方は謎でしたが、時々病院に入院していた一方、ほとんどは母親と静かな生活を送っていたようです。

今回の訃報に際し、ピンク・フロイドは「バンドはシド・バレットの死について知り、非常に動揺しており、悲しんでいる」というコメントを発表。またデヴィッド・ボウイも自身のHPに「(悲しすぎて)どれだけ悲しいか伝えられない」とのコメントを寄せています。この上ない美貌の下に潜む繊細すぎるほどに脆く危うい弱さと、底知れぬ孤独、優しさ…。そんな彼のすべてを映し出すような声も音楽も、いつまでも私たちの心に残り続けることでしょう。本当に残念です。心よりのご冥福をお祈りいたします。

(CDジャーナル)
その名はバレット
その名はバレット
オイラのお気に入りは、コレだよ。
このジャケは特別にお気に入りだ。


シドの死は、確かに残念であり、悔しいことではあるが、
オイラとしては、ルルさんの言葉が一番近いと感じる。
"シド・バレットの訃報は、実のところ、さほど驚いたわけではなかった。
ようやっと天に召されたのだな・・という気持ち。
ただいろいろな人たちの中にあるシドの存在を知っていくことにより、シドの死は私の心の中を浸食していった"

結局、どーなのだろう?
これでウォーターズをはじめとする、シドの幻影に苛まれていた諸君は
自分の領域を完全に見出すことができるようになるのか?
それとも、彼が死んだことで、より大きな幻影に苦しむことになるのか?
オイラだけが思っていることかも知れないが、結局のところフロイドの
歴史とは、シドの才能に嫉妬したメンバーたちが、彼の幻影に追い回され
彼の領域に追いつこうと歩み続けてきたという、そのことだけだった
のではないか?なんにしても、ウォーターズ、ギルモアで「原子心母」
は作れたかも知れないが、その先「狂気
や「炎」

はシドの幻影なしに作れなかったのではないか、と今は思う。

で、そんなオイラは何が一番好きかと聞かれれば、
いまは「おせっかい」と答えるだろう。

ただ、シドの死は確かに大きな話題だし、大きな死であることは認めるが、
イスラエル軍により惨殺された罪もないレバノン市民たちの小さな死の束も
オイラにとっては大きな死である。
あわせてご冥福を祈る。

それから、各方面に勝手にTBしまくってしまい、申し訳ありません。
不適切であれば削除願います。

| ロドリゴ | プログレ | comments(60) | trackbacks(7) |

WelcomeBack!ブライアン・セッツァー

2006.07.14 Friday 09:42

名古屋にブライアン・セッツァーがやってくる!
これはいかねば、である。

B.セッツァーを聴いていると「ロドリゴくん、そんなもの聴くの?」
なんて戯けたことを聞いてくる阿呆があるが、
オイラは、ストレイ・キャッツの頃から彼にはベタ惚れである。
ソロになってからはさらにさらにベタベタ惚れ惚れである。


The Dirty Boogie
The Dirty Boogie
ハードやプログレばっかし聴いているわけではないのだよ。
ロカビリー・サイケはないにしても、こうした正統派的なものはよく聴く。
この三作目から、バックのビッグバンド形式とのなじみがよくなってきて、
ネオ・ロカビリーの真骨頂といったカンジにななっている。
もともと(ロドリゴ名義で書いたが)吾妻光良師の展開する
ジャンプ・スイングやネオ・スイングといったビッグバンド形式の演奏は
好きなオイラなのである。

B.セッツァーは、ギターも巧けりゃ、歌もいい。しかもえれ〜ぇカッコいい!
ぜひとも生でみたい。

1. This Cat's on a Hot Tin Roof
2. Dirty Boogie ←映像つき☆
3. This Old House
4. Let's Live It Up
5. Sleepwalk
6. Jump Jive an' Wail ←映像つき☆

7. You're the Boss
8. Rock This Town
←映像つき☆
9. Since I Don't Have You
10. Switchblade 327
11. Nosey Joe
12. Hollywood Nocturne
13. As Long as I'm Singin'



| ロドリゴ | カッコイイヤツら! | comments(0) | trackbacks(0) |

フィルモアイースト・ライブ〜ABB

2006.07.11 Tuesday 00:52

なんとか、週一ペースをとこころがけているのだが、
なかなか難しいものだねー。
(なんせ、いまブログ7本抱えているからねー。それもどうしたもんだか)

フィルモア・イースト・ライヴ
フィルモア・イースト・ライヴ
1.ステイツボロ・ブルースStatesboro Blues
…これにつきるよね。これこれ。これ一曲知っりゃ、オールマン知ってる〜
とか言って知ったかぶってもいいかも。
2.誰かが悪かったのさ
3.ストーミー・マンデイ
4.ユー・ドント・ラヴ・ミー
↓ここからが、熱い熱い後半でっせ!
5.アトランタの暑い日
6.エリザベス・リードの追憶
↓とどめにこちらは映像つき
7.ウィッピング・ポスト


THE ALLMAN BROTHERS BAND
オリジナル・メンバー
Duane Allman デュアン・オールマン/ギター
Gregg Allman グレッグ・オールマン/キーボード、ヴォーカル
Dickie' Betts ディッキー・ベッツ/ギター、ヴォーカル
Berry Oakley ベリー・オークレー/ベース・ギター
Butch Trucks ブッチ・トラックス/ドラムス
Jai Johanny Johanson ジェイ・ジョニー・ジョンソン(ジェイモ)/ドラムス

ご存知、レイラで入魂のソロを展開したGodスライダー"デュエイン"と
key&voの弟"グレッグ"のオールマン兄弟を中心とした南部バンド。
"ブラザーズ"となっているから、兄弟が仕切るある意味ワンマンバンド
だと思っている人が多いみたいだが、実際は、バンドから裏方まで、
全員が一種のコミュニティを形成している、いわば
"ファミリー・バンド"だと思ってもらったほうがいいのではないかな?
ツイン・ギター、ツイン・ドラムスの豪快かつ繊細・緻密な演奏は
当時の音楽関係者の度肝を抜いた、なんて多くの書に書かれているが、
強ち大袈裟すぎることもないのだろうと思う。
"イート・ア・ピーチ"収録中の休暇にバイク事故でデュエインが他界し、
その後に完成した同アルバムは全米4位にまでなったし、
人気は不動のものとなったけれど、全く皮肉なものだ。
デュエインの口癖は、
「毎日腹が満たされて、楽しくギターが弾けりゃ、ほかに望むものは
ねぇんだ」神様は、彼が望んだものとまったく正反対の贈り物を
彼に与えたのだ。

彼の死後、ファミリーは改めて結束し、ディッキー・ベッツをリードに据え
活動を再開し、"ブラザース&シスターズ"などのヒットアルバムを出して
アメリカン・ロックの王座に何年も君臨することになる。
ただ、何回も危機に陥り、メンバーの交代を余儀なくされることになる。

続きを読む >>

| ロドリゴ | サザンロック | comments(3) | trackbacks(2) |

Cheap Trick〜In Color

2006.06.30 Friday 08:17

面白い本をみつけた。
丁度オイラが青春バリバリ(死語か・・・)の頃の
米・ハードRockの状況が
よりよくわかる本である。
LEGEND OF AMERICAN HARD〈1〉
LEGEND OF AMERICAN HARD〈1〉

栄光と挫折。
これがアメリカン・ハードの宿命なのか。
エアロスミスにしても、このチープ・トリック
(以下CT)にしても。
CTはオイラの青春(またも死語)そのもの、である。

そんなこと言ってたら、久々の新譜が出た。
"Rockford"
それでぶっ飛んだ!
なんだよ、これ??
まるっきり全盛期のCTじゃん?
ハード&ポップ!!
かっこよすぎ!!

CMもステキ! ↓
Cheap Trick "Rockford" animated commercial
ぜひともBonusTrack入りの日本盤を買いたまえ。
持ってて損はないで。

今でこそ、結成30周年とかで崇められる存在の彼らだが、
挫折、復活、復権と、幾多の危機を乗り越えてきた事実がある。

続きを読む >>

| ロドリゴ | アメリカン・ハード | comments(4) | trackbacks(3) |

CAMEL〜"RainDances"

2006.06.17 Saturday 16:22

いつかはやらなきゃならないCAMEL。
で、ついに重い腰をあげて…と思ったものの、
さて、どのアルバムをとりあげようかと、思案し始めると
もう全く決められない。
ふつーだとコレ↓を出すんだろうけど、
The Snow Goose
The Snow Goose
evergreenさんみたいにへそ曲がりなオイラは、それじゃ満足できん。
で、やっぱり後期より前期の方がタイプなオイラとしては、
中庸というか、この辺でいいだろ的展開で、
"RainDances"に決定。
1977年の作品でやんす。
詳しい内容だの薀蓄だのは、たぶん他の方々が
勝手にTBすると思うんで省略(…(;一_一)な、なにー?!)
でも、下の方↓で「画像特盛」でやんす。
見てね。
で、久々に聴いてみると、やっぱりCAMELはP.バーデンスとA.ラティマーが
揃っていないとダメってことよ!
で、このアルバムからR.シンクレアが加入して、いい仕事してくれてますよ。
この後の"Breathless"でもご活躍。
CAMELはインストに名曲が多いのだけど、歌入りが実は味があっていい。


続きを読む >>

| ロドリゴ | プログレ | comments(6) | trackbacks(4) |

まだやってんの??アイアンバタフライ

2006.06.13 Tuesday 12:26

図書館で見つけて借りてきた。
こんなもん置いてある図書館もどーかと思うが・・・。
いままで目に付かなかったということは、誰かが借りていた
ということなんだろう。物好きも多いわ(お前もだろ!)
で、Iron Beyyerfly"In-A-Gadda-Da-Vida"である。
In-A-Gadda-Da-Vida
In-A-Gadda-Da-Vida
ウエストコーストから登場した4人組アイアンバタフライの
2作目にして代表作。
68年の作品で、当時は確か「アートロック」とか呼ばれていたはずだ。
ま、サイケだよ、ジョイントというよりLSDで決めたいかんじ。
当時のオイラはまだ中学生につき、さすがに"ジョイント"というわけには…

いつものようにカチッと↓よろしく。
にほんブログ村 音楽ブログへ


続きを読む >>

| ロドリゴ | オレ的レアもの | comments(2) | trackbacks(2) |
<<new | top | old>>